ロゴ

葬儀が行える場所の種類や事前に必要となる準備について学ぶ

HOME>info>葬儀を挙げる場合は事前準備もしっかり行うようにしよう

準備が大切

葬儀をスムーズに執り行うためには、事前の準備がとても重要となってきます。葬儀前に準備しておくべきことをしっかりと覚えておくようにしましょう。そうすれば、失敗することもなくなります。

葬儀を挙げる場合は事前準備もしっかり行うようにしよう

花

葬儀前の準備

家族葬や直葬など、葬儀を挙げるのであれば準備が必要となってきます。まずは、葬儀の規模から決めるようにしましょう。会葬者の人数を決めておかなければ、どのような葬儀にするべきなのか決めかねてしまうからです。人数を決めてから、葬儀の形式を選ぶようにしましょう。また、遺体の安置場所も考えなくてはなりません。故人が安らげる場所に安置しましょう。それから葬儀の内容について相談し、予算を決めるのです。納骨堂なども事前に決めておくと、後から悩むこともなくなるでしょう。

葬儀を挙げる場所

合掌

自宅

費用を抑えたい人に適している場所が自宅です。自宅が広い場合などに活用すると良いでしょう。自宅を葬儀場所に選ぶことによって、近隣住民を会葬者として呼びやすくなります。焼香や祭壇を飾るスペースをしっかりと確保しておきましょう。

斎場(民営)

葬儀を挙げる場所として、民営の斎場を利用することも可能です。セレモニーホールなどが綺麗に整えられているので、とても便利に使えるのが特徴の一つと言えます。葬儀社が民営の斎場を所有している場合もあるので、利用を考えている人は気軽に相談してみましょう。

斎場(公営)

公営斎場を葬儀場として利用することもできます。一般的に、公営の場合は民営よりも安い費用で利用できるでしょう。そのため、多くの人で込み合っていることもあります。公営斎場を利用するのであれば、事前に予約を入れておきましょう。